電磁気学II : 物質中の電磁気学 (基幹講座 物理学)

電磁気学II

物質中の電磁気学

基幹講座 物理学

共著数学・物理

益川敏英 監修, 植松恒夫 他編
植松恒夫(国際高等教育院 / 編集), 青山秀明(理学研究科 / 編集), 田中耕一郎(理学研究科 / 共著者)
出版年月
2017.10
図書体裁
A5判
出版社
東京図書
ISBN
9784489022456
定価(税抜)
3,200円
頁数
288
本文言語
日本語

目次

『電磁気学Ⅰ』では、電磁気学の最重要事項として、静電場のクーロンの法則から、電場・磁場、電磁誘導、特殊相対論までを扱った。それに続き本書では、さらに踏み込んだ物質中の電場と磁場、物質中のマクスウェル方程式など最新、かつ発展的な応用技術に欠かせない理論を詳説する。さらに、テラヘルツ波、ミー散乱などの最新の知見も扱う。また、ここで扱われる理論を下支えする数学の知識として複素関数論、ラゲール関数、特殊関数論も解説。その助けを借りて正確な理解を目指す。

図書に貢献している教員