トレブリンカの地獄 (ワシーリー・グロスマン前期作品集)

トレブリンカの地獄

ワシーリー・グロスマン前期作品集

翻訳文学・芸術

ワシーリー・グロスマン 著, 赤尾光春, 中村唯史 訳
中村唯史(文学研究科 / 共訳)
出版年月
2017.05
図書体裁
四六判
出版社
みすず書房
ISBN
9784622085850
定価(税抜)
4,600円
頁数
392
本文言語
日本語

内容紹介

スターリンの死以前に書かれた、短篇小説・ルポルタージュ・戯曲を収める。著者はソヴィエト体制下に化学技師から赤軍従軍記者、小説家へと転身しながらスターリニズムとナチズムの相同性に気づき、全体主義下での人間の自由や勇気を描いた。独ソ戦時、赤軍記者としてユダヤ人強制収容所の解放に立ち会い、世界で最初にホロコーストを報じた記事となった表題作など、『人生と運命』(全3巻)の作家の稀有な業績を新訳でおくる。

目次

I ルポルタージュ
ユダヤ人のいないウクライナ 
トレブリンカの地獄

II 短篇小説
ベルディーチェフの町で

若い女と老いた女
しばらくの悲しい日々
チェーホフの眼で

老教師

III 戯曲
ピタゴラス派を信じるなら

希望と幻滅──歴史を生きた人びとを描く  中村唯史
ユダヤの運命と共にあったロシア作家  赤尾光春
主要参照文献

図書に貢献している教員