政治の司法化と民主化

政治の司法化と民主化

編著地域研究政治

玉田芳史 編
玉田芳史(アジア・アフリカ地域研究研究科 / 編集), 岡本正明(東南アジア地域研究研究所 / 分担執筆), 中西嘉宏(東南アジア地域研究研究所 / 分担執筆)
出版年月
2017.04
図書体裁
A5
出版社
晃洋書房
ISBN
9784771028968
定価(税抜)
4,000円
頁数
290
本文言語
日本語

内容紹介

途上国でみられる民主化と司法化の交錯。同時に可視化できるこの現象を民主主義の視点からはどのように捉えればよいのだろうか。また、立憲主義の視点からはどのように捉えられるのであろうか。一見、アンビヴァレントな関係を、制度や汚職、歴史軸などの観点から転換期の現状を明らかにしていく。

目次

序章 なぜ司法化なのか
第1章 タイにおける司法化と君主制
第2章 弱い司法の「独立性」
第3章 インドネシア憲法裁判所の生存戦略と政治参加
第4章 インドネシアにおける政治の司法化、そのための脱司法化
第5章 自由の守護者か、権力の擁護者か
第6章 ミャンマーにおける政治と司法
第7章 インドにおける政治の司法化と司法の独立
第8章 エジプトの司法と「1月25日革命」
第9章 ロシアにおける憲法監督制度と政治の「司法化」
第10章 韓国における司法部の党派性の喪失と回復

図書に貢献している教員