水浄化技術の最新動向 (普及版) (地球環境)

水浄化技術の最新動向 (普及版)

地球環境

編著工学

菅原正孝 監修
藤川陽子(原子炉実験所 / 分担執筆)
出版年月
2017.12
出版社
シーエムシー出版
ISBN
9784781312187
定価(税抜)
4,900円
頁数
245
本文言語
日本語

内容紹介

2011年刊「水浄化技術の最新動向」の普及版。低コスト、省エネルギー、省メンテナンスな浄化技術や海外の市場、海水淡水化、上水処理、水・排水処理、環境水改善・浄化,ビジネス動向までを網羅している。

目次

第1章 上水処理・海水淡水化技術
1 大規模な海水淡水化・都市下水再生処理への逆浸透(RO)膜の適用
2 正浸透(FO)膜を用いた海水淡水化の原理と現状
3 海水淡水化技術の現状と効率化
4 地下水膜ろ過システム
5 生物接触ろ過設備/BCF(Biological Contact Filter)
6 鉄バクテリア法砒素・マンガン除去
6.1 鉄バクテリア法とは
7 緩速ろ過の最近の動向

第2章 下水・排水処理技術
1 PVDF平膜を用いたMBRモジュールとその応用
2 中空糸膜を利用した膜分離槽別置型MBRシステムの開発と適用例
3 セラミック膜再生水造水システム
4 次世代水資源循環技術―都市下水を対象とした嫌気性下水処理
5 マイクロバブルによる水質浄化技術
6 産業用水のリサイクル
7 有用植物を用いた生活排水の高度処理

第3章 環境水改善・浄化技術
1 環境水改善・浄化技術が備えるべき背景とは
2 アオコ抑制技術
3 炭素繊維を用いた水質浄化技術
4 海水淡水化排水・下水処理水の混合排水の高酸素化による生態系再生

第4章 水ビジネスの市場動向
1 海外"水ビジネス"における市場動向とビジネスチャンス
2 中国"水ビジネス"の市場動向とビジネスチャンス
3新興国と資源国における"水ビジネス"の市場動向とビジネスチャンス

図書に貢献している教員