車載用リチウムイオン電池の高安全・評価技術 (エレクトロニクス)

車載用リチウムイオン電池の高安全・評価技術

エレクトロニクス

その他工学

吉野彰, 佐藤登 監修
右京良雄(産官学連携本部 / 分担執筆)
出版年月
2017.04
図書体裁
B5
出版社
シーエムシー出版
ISBN
9784781312422
定価(税抜)
80,000円
頁数
296
本文言語
日本語

内容紹介

本書は安全性・信頼性の概要、リチウムイオン電池の材料、劣化解析、アカデミアからは次世代革新電池を、実際の安全性評価に関しては自動車業界と受託試験機関からも詳細に記述いただいた。

目次

【第I編 総論】
第1章 リチウムイオン電池の安全性に関する一考察    
第2章 車載用リチウムイオン電池の安全性概論   

【第Ⅱ編 リチウムイオン電池の高安全化技術】
第3章 安全性の現状、課題と向上策   
第4章 安全、高出入力、長寿命性能に優れたチタン酸リチウム負極系二次電池   
第5章 電池制御システムによる高安全化技術    

【第Ⅲ編 電池材料から見た安全性への取り組み】
第6章 電気自動車用リチウムイオン電池    
第7章 正極活物質用非鉄金属原料確保の必要性   
第8章 負極材料   
第9章 電解質系     
第10章 セパレータ  
第11章 高エネルギー密度・高入出力化に向けたセパレータ材料の安全性への取り組み  
第12章 機能性バインダー   
第13章 パッケージングの技術と電池の安全性   
第14章 リチウムイオン電池の高温耐久性と安定性  
第15章 リチウムイオン電池の高性能化に向けた分析評価技術  

【第Ⅴ編 安全性評価技術】
第16章 自動車メーカーから見る安全性評価技術   
第17章 次世代自動車におけるリチウムイオン二次電池の使い方と評価   
第18章 安全性評価の認証   
第19章 安全性評価の受託  
第20章 安全性評価の受託試験機能  

【第Ⅵ編 次世代電池技術】
第21章 全固体電池  
第22章 車載用次世代電池としての全固体電池の展望   

【第Ⅶ編 リサイクル】
第23章 リチウムイオン電池のリサイクル技術    

【第Ⅷ編 市場展望】
第24章 リチウムイオン電池及び部材市場の現状と将来展望