生きている文化を人に学ぶ (情報とフィールド科学 5)

生きている文化を人に学ぶ

情報とフィールド科学 5

単著文化・宗教

林 行夫(東南アジア地域研究研究所 / 著者)
出版年月
2017.03
図書体裁
A5
出版社
京都大学学術出版会
ISBN
9784814001040
定価(税抜)
700円
頁数
70
本文言語
日本語

内容紹介

社会の本当の姿は,文献や統計では分からない。特に,「宗教」や「政治」といった,自分の社会にも「同じ」コトバがあるような事柄ほど,自分の常識から「理解」してしまいがちで,異文化社会でのその意味を掴むことができない。東北タイの上座部仏教社会で長く調査してきたフィールドワークの達人が,語学習得,信頼関係の築き方,聞き取りの方法,そして何より,多様な生が重層する世界で生きる生き方を語る。

目次

現代世界の日常生活
本書のねらい
1 宇宙と同じく未知な〈日常〉
2 ことばを習得する技と作法
3 野生の哲学——You are what you eat の洞察
4 身体としての、実践としての知
5 「学知」は発展するが、現実は忘れられる——近代化が曇らせた眼
6 身体を失った知を取り戻す想像力を育む

  

図書に貢献している教員