幻の同盟 【上巻】

幻の同盟 【上巻】

学会賞

単著政治歴史

小野澤透(文学研究科 / 著者)
出版年月
2016.03
図書体裁
菊判・上製
出版社
名古屋大学出版会
ISBN
9784815808
定価(税抜)
6,000円
頁数
650
本文言語
日本語

内容紹介

2017年 第22回アメリカ学会清水博賞 受賞!

1950年代初頭、西側世界の同盟相手として中東は再発見された。盟友イギリスの思惑や、勃興するアラブ・ナショナリズムと交差しつつ、米国はいかにして中東政治への関与を深めていったのか。膨大な一次史料を読み解き、知られざる地域構想の運命を鮮やかに描き出した一大叙事詩。

目次

序 章
     1 国際システムの変容と中東
     2 先行研究の諸問題と本書のアプローチ
     3 本書の構成

第Ⅰ部 地域的政策の生成

第1章 英国の非公式帝国と米国の中東への関与の始まり
     1 中東における英国の非公式帝国
     2 第二次世界大戦後の英国の中東政策の形成
     3 米国の中東への関与の始まり
     4 戦後ヨーロッパ秩序の形成と米英関係
     5 ペンタゴン協議と米英協調の成立
     6 非公式帝国再編の蹉跌

第2章 西側統合政策の形成 —— 中東コマンド構想とその遺産
     1 中東政策の停滞
     2 全面戦争プランと朝鮮戦争
     3 中東コマンド構想の生成と変容
     4 西側統合政策の結晶化

第3章 協調的石油秩序への道程
     1 中東石油と米国
     2 中東石油開発の枠組みの模索
     3 戦後世界と中東石油
     4 動的・開放的な石油秩序構想の挫折

第4章 イラン石油国有化紛争と協調的石油秩序
     1 石油国有化の背景
     2 米英の基本的立場の形成
     3 ナショナリズムとの邂逅
     4 ぎこちない同盟
     5 新たな常態への復帰
     補 論 —— 動的な石油秩序に開かれた窓と出光興産のイラン進出

第Ⅱ部 西側統合政策の展開

第5章 アイゼンハワー政権と西側統合政策
     1 「ニュールック」 の射程
     2 アイゼンハワー政権と中東政策
     3 西側統合政策の継承

第6章 西側統合政策の展開 (1) —— 1953-54年
     1 イラン —— 非合法介入と西側統合政策
     2 トルコ・パキスタン協定
     3 対イラク軍事援助
     4 スエズ基地交渉と対エジプト援助問題

第7章 西側統合政策の確認と定着
     1 NSC 5428 の策定
     2 米英の中東軍事戦略の変容

第8章 西側統合政策の展開 (2) —— 1954年後半
     1 ヌーリー・サイードと英・イラク条約改定問題
     2 トルコ・パキスタン協定とイラン
     3 エジプトと西側統合政策
     4 アルファ計画の始動

第9章 バグダード条約の成立と西側統合政策の再編
     1 アラブ内冷戦の始まり
     2 バグダード条約の成立
     3 米・英・土3か国軍事協議
     4 域内政治の分極化の進行
     5 西側統合政策プログラムの再編
     6 英国のバグダード条約加盟と西側統合政策

第10章 西側統合政策の迷走と停滞
      1 地域的政策の再検討作業
      2 親西側諸国の対米不信の高まり
      3 アルファ計画の迷走
      4 米英政治・軍事協議とハッバーニヤ軍事協議

図書に貢献している教員

本書に関するニュース