情報爆発 : 初期近代ヨーロッパの情報管理術

情報爆発

初期近代ヨーロッパの情報管理術

翻訳歴史情報

アン・ブレア 著, 住本規子, 廣田篤彦, 正岡和恵 訳
廣田篤彦(文学研究科 / 共訳)
出版年月
2018.08
図書体裁
A5
出版社
中央公論新社
ISBN
9784120051104
定価(税抜)
5,000円
頁数
448
本文言語
日本語

内容紹介

本書で私が示そうとしたように、ラテン語のレファレンス書は、何世代もの学者たちが古代のテクストやそれに関する注解を渉猟して行った共同でのノート作成の典型であり、公益と読者の多様な関心に訴える思慮深い言葉とともに提供された。だが、それらの書物は、謳い文句以上の働きをしてきた。すなわち、出版物が爆発的に増加した時代に文書情報を管理する革新的な方法を考案し、われわれ自身の読書法や情報処理の方法に恩恵をもたらしたのである。――「エピローグ」より

図書に貢献している教員