古代スラヴ語の世界史

古代スラヴ語の世界史

単著言語

服部文昭(人間・環境学研究科 / 著者)
Fumiaki Hattori (人間・環境学研究科, 著者)
出版年月
2020.01
出版社
白水社
ISBN
9784560088647
定価(税抜)
2,600
頁数
216
本文言語
日本語

内容紹介

古代スラヴ語とは、西暦9世紀の後半から11世紀末にかけて、当時のスラヴ人が文章語として用いた言葉。自分たちの言葉を教会の典礼言語として整えるためにグラゴール文字が作られ、そしてキリル文字へと変わっていった過程をたどります。さらに、スラヴの言語は、歴史と共にどのように変化していったのか。なぜ、キリル文字を使う言語とラテン文字を使う言語に分かれているのか。言葉と文字の変遷から東欧の基礎的な成り立ちが見えてきます。

図書に貢献している教員