小さな学校 : カルティニによるオランダ語書簡集研究 (地域研究叢書 37)

小さな学校

カルティニによるオランダ語書簡集研究

地域研究叢書 37

単著地域研究教育歴史

富永泰代(東南アジア地域研究研究所 / 著者)
出版年月
2019.05
出版社
京都大学学術出版会
ISBN
9784814002290
定価(税抜)
4,400
頁数
389
本文言語
日本語

内容紹介

インドネシア女性解放運動の先駆者カルティニ(Kartini, 1879-1904)。女性教育に奔走した彼女を有名にした死後出版書簡集『闇から光へ』では西洋の光で未開から開眼する姿が描かれた。しかしそれは都合のよい虚像ではないか? 除外された書簡から、教育と工芸芸術の振興で西洋からの自立を目指す姿を描き、解放された個人を求めたその声に耳を傾ける。

目次

序章 Door Duisternis tot Licht とBrieven
 第1節 民族英雄像の何が無視されたのか
 第2節 先行研究の整理
 第3節 本書の構成
 
第1章 背  景—閉されたジャワ社会の下で
 第1節 植民地国家オランダ領東インドNederlandsch Oost Indië の官僚制度と教育制度
 第2節 19 世紀後半における交通・通信の発展と社会変化
 
第2章 カルティニの生涯
 第1節 ヨーロッパ人小学校で学ぶということ
 第2節 閉  居
 第3節 慣習と戦う
 
第3章 カルティニの読書
 第1節  20世紀転換期におけるカルティニの読書環境
     —オランダ語書籍の入手
 第2節  オランダ人の手による東インドの作品
     —オランダ植民地文学と学術論文

資料I  Brieven[Kartini 1987: 62-75]より「1901年8月8-9 日付アベンダノン夫人宛書簡(創作物語付)」翻訳資料
資料II  パネ抄訳版HABIS GELAP TERBITLAH TERANG より「1901年8月8-9日付アベンダノン夫人宛書簡」翻訳資料
資料III  カルティニ関連年表

図書に貢献している教員