Featured Books

Publications by Kyoto University researchers

This portal site contains up-to-date information on new publications by researchers affiliated with Kyoto University, such as monographs, text books, translated works, dictionaries, comic books etc.

【Data in Each Item】
Title
Type and Subject
Author or Editor
Researcher of Kyoto University (Department / part in charge in the book)
Publisher / Published Month and Year

The Kyoto University Research Administration Office (KURA) runs this portal site since 2017 as part of its "Support Program for Research in the Humanities and Social Sciences”. It offers information on the newest books published by researchers from Kyoto University. We hope that this site and its contents will find interest inside and outside the academy and that it may help connect research with society.

Featured News

Books

Reviews

分解の哲学

藤原辰史(Institute for Research in Humanities / Author)
「分解」と聞いて思い起こすのは、たとえば海洋をただよう無数のプラスチックの破片だ。「マイバッグを持参しましょう」「地球環境に優しく」「ストローは禁止!」。そんな善なるかけ声が世界を席捲している。だが、〈人類と自然の調和〉がナチスの標語でもあったとすれば、どうだろう。食や農業にまつわる歴史を研究してきた藤原の最初の著書は『ナチス・ドイツの有機農業:「自然との共生」が生んだ「民族の絶滅」』と題されている。自己欺瞞的な生命至上主義の呼び声を退けつつ、両者が調和する別様の道を探ること。本書もまた、その探究心に貫かれている。
幸福と人生の意味の哲学

幸福と人生の意味の哲学

山口尚(Graduate School of Human and Environmental Studies / Author)
おそらくは、「幸福」や「人生の意味」ほど、多くの者を惹きつけてきた哲学上のテーマもないだろう。近年、日本語で書かれたその入門的な著作が相次いで刊行されているところでもあるが、それらのほとんどは、哲学・倫理学の学説でガチガチに固められた「学術書」か、学説などお構いなく著者の(安易な)経験論に裏打ちされた「自己啓発書」かの二つに一つである。本書はしかし、その意味でどちらの部類にも属さない。これまで述べられてきた「幸福」論や「人生の意味」論の諸説に批判・検討を加えながらも、理念的な次元にとどまらず、私たちの日常生活に寄り添ってくれる。

Essay