岡本正明教授が2018年度大同生命地域研究奨励賞を受賞

岡本正明教授(東南アジア地域研究研究所)が2018年度大同生命地域研究奨励賞を受賞しました。

受賞の理由として「世界レベルで東南アジア地域研究を牽引していく研究者としての岡本氏の業績を高く評価し、また今後のさらなる研究展開に期待して、大同生命地域研究奨励賞にふさわしい研究者として選考した」とあります。主要な著作としてあげられている『暴力と適応の政治学』は「民主化・地方分権化時代の同国における暴力集団への体をはったフィールド調査」の成果とのことです。

岡本先生、おめでとうございます!