注釈民事訴訟法 ( 第4巻)

注釈民事訴訟法

第4巻

編著法律

高田裕成 他編
山本 克己(法学研究科 / 編集), 山田文(法学研究科 / 分担執筆)
出版年月
2017.07
図書体裁
A5版
出版社
有斐閣
ISBN
9784641017948
定価(税抜)
18,000円
頁数
1,534
本文言語
日本語

内容紹介

本格的コンメンタール『注釈民事訴訟法』全5巻,第2回配本。本巻は,第2編「第一審の訴訟手続」のうち,第4章「証拠」から第8章「簡易裁判所の訴訟手続に関する特則」を扱う。学説・判例の到達した理論水準を踏まえ,実務を視野に入れた,新時代のコンメンタール。
【全5巻の構成】第1巻 総則(1)1条~60条/第2巻 総則(2)61条~132条の10/第3巻 第一審の訴訟手続(1)133条~178条/第4巻《本巻》/第5巻 上訴・再審・他 281条~405条《既刊》

目次

第2編 第一審の訴訟手続
 第4章 証拠
  第1節 総則
  第2節 証人尋問
  第3節 当事者尋問
  第4節 鑑定
  第5節 書証
  第6節 検証
  第7節 証拠保全
 第5章 判決
 第6章 裁判によらない訴訟の完結
 第7章 大規模訴訟等に関する特則
 第8章 簡易裁判所の訴訟手続に関する特則

図書に貢献している教員