くすりをつくる研究者の仕事 : 薬のタネ探しから私たちに届くまで

くすりをつくる研究者の仕事

薬のタネ探しから私たちに届くまで

編著医歯薬・生命

京都大学大学院薬学研究科 編
松﨑勝巳(薬学研究科 / 分担執筆), 中山和久(薬学研究科 / 分担執筆), 高須清誠(薬学研究科 / 分担執筆), 掛谷秀昭(薬学研究科 / 分担執筆), 加藤博章(薬学研究科 / 分担執筆), 石濱泰(薬学研究科 / 分担執筆), 金子周司(薬学研究科 / 分担執筆), 小野正博(薬学研究科 / 分担執筆), 土居雅夫(薬学研究科 / 分担執筆), 岡村均(薬学研究科 / 分担執筆), 髙倉喜信(薬学研究科 / 分担執筆), 松原和夫(医学部附属病院 / 分担執筆), 米澤淳(薬学研究科 / 分担執筆), 中川俊作(医学部附属病院 / 分担執筆)
出版年月
2017.03
図書体裁
四六判
出版社
化学同人
ISBN
9784759819311
定価(税抜)
1,900円
頁数
304
本文言語
日本語

内容紹介

ひとくちにくすりの研究といっても,アプローチはさまざまだ.くすりを合成したり,デザインしたり,くすりが効く仕組みを追求したり.創薬にまつわる多方面からの研究を紹介しながら,くすりをつくる醍醐味を存分に味わえる好個の読み物.この一冊で,知りたい薬の世界がザックリわかる.

目次

第0章 薬の世界への誘い[松﨑勝巳]   
第1章 薬はどのようにつくられるのか[中山和久]
第2章 薬を合成する[高須清誠] 
第3章 創薬ケミカルバイオロジー[掛谷秀昭]
第4章 薬の標的タンパク質の構造を決める[加藤博章] 
第5章 薬をいかにデザインするか[仲西 功] 
第6章 薬をはかる、タンパク質をはかる[石濱 泰]
第7章 薬が効く仕組みを探求する[金子周司]
第8章 体のなかを見る薬[小野正博]
第9章 生体リズムと現代病[土居雅夫・岡村 均]
第10章 体をめぐる薬の動きをあやつる[髙倉喜信]
第11章 生薬からの医薬品開発ものがたり[藤多哲朗]
第12章 薬が私たちに届くまで[松原和夫・米澤 淳・中川俊作]

図書に貢献している教員