「惑星」の話

「惑星」の話

単著天文・宇宙

佐々木貴教 (理学研究科 / 著者)
出版年月
2017.07
図書体裁
A5
出版社
工学社
ISBN
9784777520190
定価(税抜)
1,900円
頁数
144
本文言語
日本語

内容紹介

「太陽系」は、自ら発光する恒星の「太陽」を中心に、「惑星」「衛星」「小天体」などで構成されます。
 「惑星」には「水星」「金星」「地球」「火星」「木星」「土星「天王星」「海王星」があり、その「惑星」の周りを、「月」などの「衛星」が回っています。

 本書は、まず「現在の太陽系の姿」、特に「惑星」と「衛星」について紹介します。

 次に「太陽系形成論」として、太陽系の成り立ち、太陽系の「惑星」や「衛星」がどのようにして出来上がったのかを解説。

 また、今では「太陽系」以外にも、他の星の周りを回る「系外惑星」がたくさん存在していることが分かっており、その太陽系以外の「惑星」と「形成理論」についても、説明しています。

 巻末では、「地球」と同じような、「生命が宿る惑星」はどのようにすれば作られるのか、その可能性についても考えています。

図書に貢献している教員