侵犯する身体 (フェティシズム研究 3)

侵犯する身体

フェティシズム研究 3

編著社会

田中雅一 編
田中雅一(人文科学研究所 / 編集), 岡田温司(人間・環境学研究科 / 分担執筆), 菊地暁(人文科学研究所 / 分担執筆), 立木康介(人文科学研究所 / 分担執筆)
出版年月
2017.06
図書体裁
A5
出版社
京都大学学術出版会
ISBN
9784876989515
定価(税抜)
5,000円
頁数
508
本文言語
日本語

内容紹介

「肉体は魂の牢獄」(プラトン)という言葉があるが、実際のところ身体は長らく精神が用意した檻に囚われてきた。欲望の対象であるとみられてきた身体は、同時に誘惑の主体でもある。フェティッシュへの欲望をフェティッシュによる誘惑、すなわち侵犯する身体による誘惑として理解すると、ヒトと身体とモノの関係になにがみえてくるだろうか。

目次

はじめに [田中雅一]
序 章 侵犯する身体と切断するまなざし [田中雅一]

第 I 部 身体をかたどる
第1章 皮膚をまさぐる視線[桑原牧子]
第2章 韓国社会における身体の商品化とフェティシズム[岡田浩樹]
コラム1 ゼウクシスのひそみ [岡田温司]
第3章 ドラァグ・クイーン[佐藤知久]
第4章 「人体模倣」の現在 [西村大志]
第5章 観光化する複製身体[妙木 忍]

第 II 部 身体をつつむ
第6章 布とフェティシズム[青木恵理子]
第7章 袈裟の裂に対するフェティシズム[松村薫子]
第8章 ファッション・フェティッシュ・ファケーレ [フィロメナ・キート(藤原久仁子訳)]
コラム2 文化フェティシズムと欲望される身体 [成実弘至]
第9章 ふわふわの訳[小野原教子]
第10章 ランジェリー幻想[田中雅一]
コラム3 お札とハイヒール [大浦康介]

第 III 部 身体をえがく
第11章 谷崎文学におけるフェティシズム[佐伯順子]
第12章 初期映画と身体[森村麻紀]
第13章 「やおい」の男性表現にみる女性の欲望の現在[藤本純子]
コラム4 侵犯されるカラダとココロ[花房観音]
第14章 サイボーグに性別はあるか? [田村公江]
第15章 〈BBS〉の片隅で[菊地 暁]
コラム5 これは愛ではない [立木康介]

あとがき [田中雅一]

図書に貢献している教員