第二回エッセイ「机上の実論ー越前屋俵太がみた大学の研究者」

第二回エッセイを掲載しました

今回のエッセイは、京都大学でも多くのお仕事をされている越前屋俵太氏に「越前屋俵太から見た大学の研究者」というテーマでご執筆いただきました。タイトルは「机上の実論」。越前屋俵太氏から見た研究者とは?大学の研究者に向けたメッセージも満載です。ぜひご覧ください!